会社概要

タオル工場

工場名 菊タオル工場
所在地 〒598-0014 大阪府泉佐野市葵町2-4-6
事業内容 タオル製造業
設立 1965年4月
TEL 072-464-2339
FAX 072-464-1462

企画・製造

会社名 株式会社 felice
本社所在地 〒541-0045 大阪市中央区道修町2-1-10 T.M.B道修町ビル3F
事業内容 自社ブランドのタオル企画・製造・販売
代表者 伊藤 恵
TEL 06-6228-5880
FAX 06-6220-0660

作り手からのメッセージ

「昔ながらのやり方で、ちいさい工場やけど、
使う人のことおもて作ってます」

菊 弘きく ひろむ

工場を親から引き継いだばかりの頃は、ただなんとなくタオルを作っていましたが、泉州タオルの良さを知っていくうちに、「後晒しを活かした、誰もが使いやすいタオルをつくりたい。」という気持ちが生まれてきたんです。
泉州タオルの良さは、何と言っても“吸水性”と“使いやすさ”。菊タオル工場では、さらに吸水性を追求するために、織る際の糸にも天然糊を使って、晒しの工程も工夫しています。
そんな泉州タオルの良さをたくさんの人に知ってもらいたい。そんな想いで、毎日タオル作りに取り組んでます。

「毎日使うものだからこそ、
飽きのこない良いものを。」

伊藤 恵いとう めぐみ

ふわふわの肌触り、使い続けてもイヤなニオイのしないそんなタオルが欲しい。毎日洗ってもゴワゴワせず、ナチュラルで人にも環境にも優しい、そんな理想のタオルが作れたら…というところから、私達のタオル作りはスタートしました。
タオルに対する思いと泉州の伝統、そして日本の最新技術を組み合わせて完成したのが菊風たおるです。ちょっと長めのパイルは、肌触りのふわふわ感を。優しい生成り色は、化学染料を使わないコットンそのままの色。しっかり吸水するのは、泉州タオルの後晒しならでは。菊風たおるは、私達の思いが形になったそんなタオルです。
タオルにこだわる女性やお肌のトラブルに悩んでいる方、デリケートな赤ちゃん、いろんな方に安心して使って頂きたいタオルです。

「ずっと使えて、におわない。
そんな理想のタオルが欲しかったんです。」

上村 貴也かみむら たかや

家でいつも使っていたタオルにちょっと不満を感じていました。性格的に使い慣れたタオルを捨てることが出来なくて、お気に入りのタオルが水を吸ってカビ臭くなっても仕方なく使い続けていました。そんな時に空気触媒に出会いました。
タオルに空気触媒の加工をできるなら、ふわふわでニオイがつきにくい自分好みのオリジナルタオルをつくれるやん、と…。
出来上がったタオルは、カビ臭くもならず、フェイスタオル1枚で体全体が拭ける吸水性のよさ。さすが泉州タオル!!
菊さんと僕らの想いが詰まった菊風たおるを、お家の定番タオルにしてほしいです。